【奈良国立博物館】特別展『快慶』へ行く(2017年)

2017-04-30.jpg

『快慶 日本人を魅了した仏のかたち』
【会期】平成29年4月8日(土)~平成29年6月4日(日)
【場所】奈良国立博物館

特別展を目指して、行ってきました!
日本を代表する代表する仏師のひとり、快慶。です!

鎌倉彫刻様式の完成に重要な役割を果たした人物として運慶と並び称されてきた、
いまだ多くの謎につつまれているという快慶に迫る展示です。

仏像の構造上、展示会場まで運べなかったり、
お寺の事情で展示会場まで来れなかったり、
するものもあったようで、そういうものは、写真で展示されていましたが、
どれも、あれも、これも、驚くほど有名な仏像だらけです・・・!

実物は見たこと無いけれど、写真やテレビなんかでみるやつ。
なんか、ものすごい数の、国宝とか、重要文化財の仏像だらけで、驚きます。
なんて、贅沢な展示なのでしょうか・・・!!


実際に観られる仏像もたくさんありました。
菩薩様や如来様なんかは、
ほんと、滑らかというか、しっとりというか、存在が、ものすごく上品。
素敵な顔立ちと、体の傾きや、ひねりなんかも、素敵なんですよね。

四天王とか、不動明とか、力強い系の仏像は、
筋肉の表現も、目の表現も、なんとも強くて、驚きました。

快慶が若い時代の作品から、年を重ねてきた時代の作品を追ってゆくと、
熟練されていっているのでしょうか、やはり変化も感じました。
また、快慶が育てた弟子の作品もあり、
快慶を尊敬して、その教えを守り、まっすぐ仏像作りに励んだような印象がある、
とても素敵な仏像もありました。

快慶は「人が仏に寄り添えるような仏像を作りたい」と、仏像作りを続けたそうです。
そんな、まっすぐな想いで作ってらっしゃったから、
こんなにも、やさしく穏やかな表情をされた仏像様を作ることができたのでしょうね。

何百年経っても、人の心に届くものを作られた・・・。
すごい方だったのだと、心から感じました。

快慶展に続いて、次は、秋に東京である、運慶展ですね。待ち遠しい(笑)



この記事へのコメント