「ミュシャ展」へ(2017年)

2017-05-06.jpg

『ミュシャ展』へ行って来ました。
【会 期】2017年3月8日(水)-6月5日(月) 毎週火曜日休館
【会 場】国立新美術館

2017年は日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたるそうです。
そして、国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業ということで、国立新美術館に!


今回のミュシャ展は、普段良く目にする華やかなポスター画とはひとあじ違った、
ミュシャが晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)がメインです。

50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた渾身の作品が、
プラハ市のために描かれた《スラヴ叙事詩》(1912-26年)。

《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのモラフスキー・クルムロフ城にて夏期のみ公開されてはいたそうです。
その幻の傑作が、80年以上の時を経て2012年5月、ついにプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開。

その《スラヴ叙事詩》が、チェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開されるものということで、
もうこんなこと、もう何十年も無いんじゃないか?と思ったので、絶対行かなければ!と考えていました。

このミュシャ展は、音声ガイドを一緒にして一枚一枚を味わうのがおすすめです。
ひとつひとつの作品の歴史や、その絵にこめたミュシャの心、分かりやすいと思います。

とても大きな作品に、圧倒されました。
淡いパステル色の大きな絵が、会場に並びます。
これだけの作品を画ける想い、ほんとうにすごいなって思いました。

《スラヴ叙事詩》の作品の存在は画集などで知ってはいたけれど、
華やかな絵を画いているミュシャの作品のほうが、好みだったので、
実際に観るまであまり興味は強くありませんでしたが、
実際に観に行ってみると、作品に引き込まれていきました。
ミュシャの人生を掛けた思いがその作品の中に深く込めてあって、ものすごいエネルギーで。
とてもたいせつな作品なことが、自分の心にも響いてきました。

こんなにも命を削って画いた作品が、画ききった当時は、
時代と合わず、同じ民族の人たちにも興味ももたれなかったそうで、
ミュシャは、とてもやるせない気持ちになったんじゃないかって思うけれど、
いつかは伝わる、と、必要なこと、だと、
自分の民族へ残りの人生をささげることに、後悔無く、まっすぐだったろうなって。


プラハで展示されるようになったのは、つい5年前というけれど、
この作品の役割が、これから必要な時代になったからなのかもしれない、って、思いました。
民族や宗教の違いがあっても、人はお互いよく知り合えば、分かり合えること、
平和を願う心、必要な時代になっているんだとも、感じました。


【アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音は"ムハ" 1860-1939)】
オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、
ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り、絵を学びます。
なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、
34歳の時に、女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、
一夜にして成功をおさめ、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人となりました。

アルフォンス・ミュシャ - アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー!



この記事へのコメント